長野県東御市祢津十二平地区で2008年に設立されたワイナリー、Rue de Vin(株式会社リュードヴァン)。荒れ果てた農地を再生し、今では(2020年現在)作付け面積は約6haにも及ぶワイナリーとして成長しました。Rue de Vinはフランス語で「ワイン通り」という意味。それはワインと共に暮らせる環境が葡萄畑に通じる一本の通りから広がって欲しいとの思いが込められています


そして、リュードヴァンのワイン造りだけでは完結しないこの思いをより広範囲に実現するために、リュードヴァンが中心となり、JA信州うえだを始めとする地域の皆様のご支援を受け、新たにCave de Mido(株式会社カーヴ・ド・ミドウ)を設立しました。


カーヴ・ド・ミドウの名前の由来になっているのが、リュードヴァンのぶどう畑に隣接する「御堂(みどう)」地区。かつて桑畑が広がっていたこの地域が、27haにも及ぶワイン用のぶどう畑として再生し、多くの生産者が参入してワイン葡萄の栽培が始まりました


カーヴ・ド・ミドウはこの御堂地区において、ワイナリーの設立とともに、御堂地区に参入する生産者たちや地域住人との係わりも含め、多面的なサポートに特化した組織となることを目指しています。深い歴史文化を有する東御市祢津地区とワイン文化を融合させ、歴史文化の伝承やは勿論、葡萄畑に訪れる観光者を祢津地区に還流させ、地域の経済活動にも貢献できるように、リュードヴァンだけではできなかった広い取り組みを実行して行きます。


古い歴史と文化を形成してきたこの祢津地区で、未来に向けてワインと共にある新しい生活・文化の発展を夢見て、ここに新しい歩みが始まりました。

NEWS & EVENTS

FACEBOOK

MAP

株式会社カーヴ・ド・ミドウ

住所

〒389-0506 長野県東御市祢津405

株式会社リュードヴァン 内

電話番号

0268-71-5973